汚染水 Archives - ヤフトピのまとめ

ヤフトピのまとめ

タグ

カテゴリー

最新記事一覧

タグ「汚染水」の付いている記事一覧

【原発問題】福島第一3号機付近で限度の100万倍セシウム

<更新日時> 07月17日(水) 10:03

1:2013/07/15(月) 00:01:26.53 ID:

東京電力は11日、福島第一原子力発電所3号機タービン建屋近くにある深さ約30メートルの立て坑内の
汚染水を調べたところ、国が定めた許容限度の約100万倍にあたる放射性セシウム137を検出したと発表した。

港湾付近の井戸から放射性物質が検出されている問題で、原子力規制委員会は、立て坑の汚染水の
漏えいを原因の一つではないかと考えており、汚染水を早急に抜き取るよう指示している。

調査は10日に行われ、水深1メートルの場所で、セシウム137が1リットル当たり1億ベクレルだった。
6月までに調査が行われた2、4号機の立て坑内の濃度と比べ、10~1000倍高い。

また、東電は海から約25メートルの井戸で7日に採取した地下水から、
ストロンチウム90が同1200ベクレル検出されたと発表した。

読売新聞 7月11日(木)23時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130711-00001319-yom-sci
2013/07/12(金) 12:12:39.35
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1373648866/


『【原発問題】福島第一3号機付近で限度の100万倍セシウム』の続きを読む

【原発問題】福島第一原発の「地下貯水槽」から汚染水漏れ

<更新日時> 04月06日(土) 07:59

福島第一地下貯水槽から汚染水漏れ 1立方センチあたり10ベクレル以上の放射性物質

東京電力は5日、福島第一原子力発電所で、地面を掘って遮水シートを敷いた形の「地下貯水槽」から、汚染水が漏れた可能性があると発表した。シートと土壌の間にたまった水から、1立方センチあたり10ベクレル以上の放射性物質が検出

1: :2013/04/06(土) 01:22:07.85 ID:

東京電力は5日、福島第一原子力発電所で、地面を掘って遮水シートを敷いた形の「地下貯水槽」から、汚染水が漏れた可能性があると発表した。シートと土壌の間にたまった水から、1立方センチあたり10ベクレル以上の放射性物質が検出された。
貯水槽には、低濃度汚染水から塩分などを取り除く「淡水化」によって生じる濃縮塩水をためている。
東電は、シートが破れるなどして漏れ出たとみて調べている。

貯水槽は、掘った穴を三重構造のシートで覆って作ったもので、容量は1万4000立方メートル(縦60メートル、横53メートル、深さ6メートル)。
2月1日から貯蔵を始めていたが、シートと地面の間にたまった地下水を今月3日に採取し、検査した結果、放射性物質が検出された。
これまでの定期検査では、検出されていなかったという。また、最も外側のシートと真ん中のシートの間にも水がたまっており、
5日に分析した結果、同6000ベクレルの放射性物質が検出された。

読売新聞 4月6日(土)1時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130406-00000089-yom-sci


『【原発問題】福島第一原発の「地下貯水槽」から汚染水漏れ』の続きを読む