民主党 Archives - ヤフトピのまとめ

ヤフトピのまとめ

タグ

カテゴリー

最新記事一覧

タグ「民主党」の付いている記事一覧

【政治】野田前首相「民主党政権では日米関係はうまい方向にいっていた。安倍政権では歴史問題で日米関係は厳しくなっている」

<更新日時> 06月03日(月) 11:10

1:2013/06/02(日) 23:49:54.63 ID:

民主党の野田佳彦前首相は2日、千葉市内で講演し、首相当時に「チョコレートクッキー」を使って
オバマ米大統領と親密な関係を築こうとした逸話を披露した。

野田氏は首相就任から2カ月余り後の2011年11月に、ハワイでオバマ氏と首脳会談に臨んだ。
「本格的な話をする前に一対一の個人的関係をつくろう」と考えて調べるうちに、オバマ氏が少年時代、
親友の母親が作るチョコレートクッキーが好きだったことを知って、
その母親を探し出してクッキーを作ってもらったという。「会談前に渡すと、ものすごくうれしそうな顔をした。
外交とは結構気を使う」と述べた。

野田氏は、安倍晋三首相が民主党政権を「外交敗北」と批判していることについて「冗談じゃない。
歴史問題などで逆に日米関係は厳しくなっている」と反論。「日米関係は前向きにうまい方向にいっていた。
むしろ、安倍首相らには反省して欲しい。
超国家主義みたいな人たちの大衆に迎合しようとする軽口みたいな発言は国益を損ねる」と批判した。

ソース 朝日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00000036-asahi-pol


破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ


『【政治】野田前首相「民主党政権では日米関係はうまい方向にいっていた。安倍政権では歴史問題で日米関係は厳しくなっている」』の続きを読む

【政治】民主党大反省会:菅元総理「小沢氏がこれほどひどいとは思わなかった」

<更新日時> 05月12日(日) 15:03

「自民が反対したから」「官僚が抵抗したから」 民主党の『大反省会』、反省どころか、言い訳や責任転嫁がほとんど

m0014514085

1: :2013/05/12(日) 01:15:07.72 ID:

 民主党は、30歳以下を対象に「公開大反省会」と題した集会を開きました。
菅元総理大臣は、離党した小沢一郎元幹事長について「これほどひどいとは思わなかった」と批判しました。民主党・菅元総理大臣:「(小沢氏は)自分の政治的影響力が一番大きくなるには何を言えばいいかと、
それがすべての判断基準になっている。
(政権交代前から)傾向は分かっていたけど、これほどひどいとは思わなかった」さらに、菅元総理は、東日本大震災が発生した際に自民党に呼びかけた大連立が実現しなかったことについては、
「解散を優先するのが当時の自民党のスタンスだった」と振り返りました。
また、枝野元官房長官は、2010年の中国漁船衝突事件の映像公開の経緯について釈明しました。民主党・枝野元官房長官:「海上保安庁のいろんな動き・能力については、現場の映像が出れば相手側にも見える。
別に隠蔽(いんぺい)しようと、誰かがしていたわけじゃなくて」
長妻元厚労大臣は、「自民党は官僚を熟知している秘書や党職員が多い」と述べて、官僚との関係が重要との認識を示しました。http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000005131.html

『【政治】民主党大反省会:菅元総理「小沢氏がこれほどひどいとは思わなかった」』の続きを読む

【民主党】 「アベノミクスで生活は良くなりましたか?バブルです!」ビラ作成…マニフェストはまだないです!

<更新日時> 05月01日(水) 15:54

民主党。マニフェストよりもまず批判。民主くんもやんなっちゃった?


民主党は夏の参院選をにらみ、安倍政権の経済政策「アベノミクス」を批判するビラを作成、30日の両院議員懇談会で配布した。
「『バブル』ではなく『実体経済』で経済を回復し、『格差』を縮小します!」「アベノミクスで皆さんの生活はよくなりましたか?!」などと記されている。反アベノミクスで党内の認識を統一するのが狙い。

1: :2013/05/01(水) 03:28:13.76 ID:

・民主党は30日開いた両院議員懇談会で、安倍政権の経済政策「アベノミクス」を批判する統一見解をまとめた。
ただ、景気が好転の兆しを見せる中、出席者からは経済を対立軸に据えることへの異論も相次いだ。安倍政権が
目指す憲法96条改正をめぐっても、党内の意見は割れている。懇談会は参院選に向け結束を図る目的で
開催されたが、統一感の欠如が改めて浮き彫りとなった。

見解はアベノミクスについて、「結局はバブル」となり、「格差は広がる」などと断じている。これに対し、懇談会では
泉健太氏が「このビラ(見解)はいかがわしい景気回復だと断定している」と不快感を表明。福山哲郎元官房副長官も
「ネガティブキャンペーンは張るべきでない」と疑問を呈した。

執行部は「5月以降、経済指標は悪化する可能性がある」とみて、参院選では経済政策を主要な争点に据える
戦略を描く。4月17日の党首討論で、海江田万里代表が持ち時間の大半をアベノミクス追及に充てたのも
そのためだ。しかし、党内からは「国民の景気回復への期待感は無視できない。争点にすれば、安倍政権の
得点を宣伝するだけだ」(参院中堅)との声も漏れる。
憲法改正の発議要件を定めた96条の見直しに関しても、党内には賛否両論がある。執行部は改憲に
前のめりな自民党や日本維新の会との差別化を図るため、連休明け以降、96条の先行改正に反対する
方向で意見集約を進める方針。見直し推進派からは「そんなことをすれば党が割れる。絶対にまとまらない」
(若手)との反発も出ている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013043001008

・「『バブル』ではなく『実体経済』で経済を回復し、『格差』を縮小します!」「アベノミクスで皆さんの生活は
よくなりましたか?!」などと記されている。反アベノミクスで党内の認識を統一するのが狙い。
常任幹事会も開き、海江田万里代表を委員長とする参院選マニフェスト作成委員会の設置を決めた。
6月中旬の完成を目指す。(一部略)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130430/stt13043019370004-n1.htm

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1367328977/


『【民主党】 「アベノミクスで生活は良くなりましたか?バブルです!」ビラ作成…マニフェストはまだないです!』の続きを読む

【捏造】増元事務局長「民主党・徳永議員の質問は偽メール事件と同じ捏造。家族会に名誉回復を求める」

<更新日時> 05月01日(水) 16:12

安倍首相「やはり民主党は息を吐くように嘘を言うのか?」


「靖国参拝に拉致被害者家族が落胆」発言で苦境に追い込まれる民主党・徳永エリ参院議員。「同僚議員から聞いた」とブログで釈明したものの、25日には拉致被害者家族連絡会も、落胆している家族会メンバーは確認できない、安倍首相の対拉致政策は支持している、との声明を出し、さらに追い込まれる形に。そんな徳永エリ参院議員に思わぬところから「応援」の声が出た。韓国の大手誌・中央日報だ。
「靖国参拝の不当性を主張した民主党の徳永エリ議員は罪人扱いされた」
2013年4月26日配信の「安倍首相、ブレーキのない極右疾走」の中で、中央日報は安倍晋三首相の「歴史歪曲発言」を批判、逆に徳永議員を擁護した。

1: :2013/04/26(金) 12:53:07.75 ID:

民主党に“捏造質問疑惑”が直撃している。同党の徳永エリ参院議員(51)が国会質問で、閣僚による靖国神社参拝に対し、
「(北朝鮮による)拉致被害者の家族の方々が落胆しているとの声が聞こえる」などと発言したことに、安倍晋三首相や被害者家族会が猛批判しているのだ。
同党はかつて日本政治史に残る「偽メール事件」を引き起こしたが、またやったのか。

「あり得ない。家族会のメンバーと連絡を取ったが、私を含めて『閣僚の靖国参拝は当然』『誰も発言していない』という認識だ。
国会で拉致被害者家族という名前を使った以上、徳永氏はきちんと説明すべきだ」
家族会の増元照明事務局長は25日、夕刊フジの取材にこう明言した。

徳永氏の問題発言は、24日の予算委員会で発せられた。
麻生太郎副総理兼財務相と古屋圭司拉致問題担当相の靖国参拝を批判したうえで、冒頭の拉致被害者家族の落胆を指摘し、
「そんなことで、しっかりと拉致問題の解決に取り組んでくれるのか」とまで言い切ったのだ。

古屋氏は長年拉致問題に取り組んできたため、「聞き捨てならない。どなたが言われたのか?」と聞き返した。
安倍首相も「極めて重要な質問。予算委員会ですから、ちゃんとしていただかないと。質問者としての信頼性、民主党の信頼性にかかわる。
もし、言ってもいないことを『言った』と発言したとすれば大変。明らかにしないとおかしい」と迫った。

この後、徳永氏は別の質問に移ったが、インターネットで国会中継を見ていた人々から、電話やツイッターなどで徳永氏に批判が殺到した。

徳永氏は1962年、札幌市出身。
みのもんたの付き人から、テレビリポーターや雑誌記者、飲食店経営などを経て、2010年7月の参院選に民主党公認で北海道選挙区から出馬して初当選した。現在1期目。

民主党は2006年の偽メール事件で、当時の前原誠司代表が辞任し、質問した永田寿康氏は議員辞職に追い込まれた苦い経験がある。
国権の最高機関である国会で質問した以上、徳永氏は根拠を示すべきではないか。

安倍首相は25日の参院予算委員会でも「(徳永氏には)相当な根拠があったと見るのが当然。それがなければ捏造質問になり重大だ」と指摘した。

民主党の細野豪志幹事長は25日の記者会見で、
「(徳永氏の)質問を見ていない」と前置きしたうえで、「拉致被害者家族は苦労されてきた。(徳永氏は)しっかり確認すべき」「事実関係をみて(党としての対応は)考える」と語った。

夕刊フジでは、徳永事務所に何度も電話を入れたが、着信音が鳴り続けるだけ。こうしたなか、徳永氏のブログに25日、「予算委員会での質問について」という文章が掲載された。

これによると、徳永氏は拉致被害者家族の落胆について、
「拉致被害者を支援している同僚議員から、『一連の韓国や中国との関係、問題、影響しないだろうか?』と心配する声が出ている、
それを話して欲しいと言われたので、お話ししたと言う事です」と伝聞だったと説明。

それなのに謝罪の表現が一切ないどころか、安倍首相の「捏造質問」との発言に対し、
「公共の電波を使って、個人の名前を出し名誉を著しく傷つけるような事はしてはならないことなのでは」と批判までしている。

前出の増元氏は、この文章について、「偽メール事件と一緒じゃないですか。あきれるしかない。拉致被害者家族会の名誉は回復してもらわないと困る」と語った。

民主党はどうケジメをつけるのか。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130426/plt1304261142001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130426/plt1304261142001-n2.htm


『【捏造】増元事務局長「民主党・徳永議員の質問は偽メール事件と同じ捏造。家族会に名誉回復を求める」』の続きを読む