少女時代脱退のジェシカ激白「二者択一迫られた」 - ヤフトピのまとめ

ヤフトピのまとめ

タグ

カテゴリー

最新記事一覧

少女時代脱退のジェシカ激白「二者択一迫られた」


【ソウル聯合ニュース】韓国の人気ガールズグループ、少女時代を脱退したジェシカが脱退をめぐる心境を明らかにした。ほかのメンバーと所属事務所のSMエンタテインメントが不当に二者択一を迫ったとする趣旨の立場を示した。
 ジェシカは1日、マネジメント会社を通じ配布した資料で「情熱と愛情を注ぎ15年以上共にしたメンバーたちと会社は、私が(ファッション関連の)事業を行っていることを理由にチームから出て行ってほしいと要求し、とても大きく傷つき残念な気持ちを隠せない」と語った。
 また「個人的に関心があった事業を計画しながら事務所やメンバーたちに数回にわたって十分に説明し理解を求めてきた」とした。その上で「事務所から事業を並行することに同意と許可をもらいメンバーたちからも祝福を受け事業を始めた」と主張した。
 ジェシカは「しかし、9月初めにメンバーたちが突然立場を変えた。メンバー会議で事業を辞めるか、少女時代を出て行くか二者択一するよう要求してきた」と説明。これに対し、「チーム活動をおろそかにしたことはなく、事業パートナーとの契約で事業を中断することはできない。選べというのは不当な要求だ」と訴えたという。
 さらに、9月16日に所属事務所の社長と会い、こうした立場を伝え事業を並行する許可を再度もらったが、29日に一方的に事務所から少女時代から出て行くよう通告されすべての活動から除外されたと説明した。
 ジェシカは「不本意ながらファンに心配をかけて申し訳ない。このような状況は私が決して望んだことではなく、私はいつも少女時代を大切に思いこれからもそれは同じだ」としてファンに謝罪した。
 一方、ジェシカとの結婚が取りざたされている在米韓国人事業家の男性は自身の中国版ツイッター「微博(ウェイボ)」に、「頑張れジェシカ。真実は明らかになる。私たちが後ろについている」と書き込んだ。また、「当分は結婚の計画はない」として結婚説を否定した。

sjp@yna.co.kr


カテゴリー:トピックス